婦人科診療

ピル・ホルモン剤について

① アフターピル(緊急避妊薬)

避妊に失敗して72時間以内に飲むお薬です。72時間以内に服用となってますが、早い方が避妊効果は高いと言われています。
アフターピルを服用してもすぐに月経は来ません。100%ではない為、次回の月経が1週間以上遅れた場合は診察をお受けください。
当院では新しい1錠服用のタイプを取扱っております。
先生とお話して頂き処方しております。

② 継続的に避妊したい→低用量ピル(経口避妊薬)・避妊リング

ご希望の方はまず問診票を記入して頂き、先生とお話の上処方しています。
当院では半年に1回、血液検査、内診。年に1回、子宮がん検診・乳がん検診(40歳未満の方)をしています。40歳以上の方はマンモグラフィーをすすめています。
他医や職場で検査を受けている場合は結果表を持参して頂ければその時期に合わせて検査を行います。すべての検査が終わり異常がなければ、薬の種類にもよりますが3ヶ月または6ヶ月の処方が可能です。
何回かに分けての処方も可能ですが、その際は血圧・体重を測定し処方を致しております。
また、避妊リングの取扱いも御座いますので、ご相談下さい。

③ 生理痛(子宮内膜症)が強い方

出血の量を減らし痛みを軽減する為に用いられます。
子宮内膜症の治療を目的としたピルもありますので、ご希望の方はご相談下さい。

④ 月経移動

旅行や大事なイベントなどに生理がきそうだけど、来て欲しくない時などの場合は生理をずらすことができます。 ずらしたい生理の始まる予定日の5日前からお薬を飲んで頂きますので、ご希望の方は早めにご相談下さい。

⑤ 月経異常

子宮内膜症、月経過多、月経前症候群などがある方は、その症状によってピルやリング(ミレーナ)を使用し治療致します。
出血の量を減らし痛みを軽減する為に用いられます。どちらも取扱っておりますので、ご相談ください。

⑥ 子宮がん検診

子宮がんのほとんどが性交渉でのヒトパピロマウィルスが原因で起こる為、性交渉のある方はリスクがあります。
札幌市では2年に1回の偶数年度に補助が出ます。がん検診で異常な細胞が出た場合、経過観察、ヒトパピロマウィルスの検査、治療を行っておりますのでご相談ください。
また、ワクチンも取り扱っておりますので、ご希望の方はご相談ください。

※ 札幌市にお住まいの方で無料クーポンをお持ちの方は期限にご注意ください。

⑦ その他

尿が近い、トイレに行っても出ない、残尿感、排尿時に痛むなど、膀胱炎の症状がある場合は、尿検査をしお薬を処方致します。
その他、更年期、不正出血、妊娠についての相談なども行っておりますので、何か気になる様な症状がございましたらご相談、受診して下さい。

性病・おりもの

おりもの・かゆみ・におい・痛みがある方

おりものの量が多い、においが気になる、かゆみがある場合など、何か気になる様な事がありましたら、悩まずに受診して下さい。

性病の心配ある方

クラミジア・淋菌・トリコモナス・カンジダ等…おりもので検査します。梅毒・HIV等…血液検査があります。 又、ヘルペス、コンジロームなどの検査・治療も行っております。ご相談下さい。

※女性の性生活に関するご相談にも応じます。

がん検診・ワクチン

子宮頸がんはワクチンで予防できます

子宮頸がんは子宮の入口にできるがんです。 20代~30代の若い女性に一番多いがんです。

ワクチンの接種対象は10才以上であり、どの年齢層の女性でも接種後の性交渉による新たな感染予防に有効です。効果持続としては、少なくとも20年間は抗体価は維持されることが推計されています。
しかし、ワクチン接種前にすでに発症している子宮頸がんや前がん病変の進行を遅らせたり、治したりすることはできません。

接種回数は半年の間に3回、サーバリックスは(1回目接種後、1ヶ月後と6ヵ月後)ガーダシルは(1回目接種後、2ヵ月後と6ヶ月後)必要です。子宮がんを完全に予防するためには、ワクチン接種後も定期的に子宮がん検診を受けることをお薦め致します。
料金などの詳しいことはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

 

※子宮がんワクチンの接種をご希望の方は事前にご連絡下さい。

子宮頸がん
PAGE TOP